MENU

借入したいなら

お金を借入したいなら、やはり規模のあるところがおすすめです。
特に個人の方であれば、融資を受けるのはスケールメリットが感じられるところから借入したいですよね?
消費者金融よりは銀行かもしれませんし、銀行でも地方銀行よりも大手都銀の方に安心感を感じるかもしれません。
また、消費者金融であっても中堅どころではなくアコムやプロミスなどの大手消費者金融だと個人向けの融資は審査スピードも迅速で即日融資が得意だったりします。
いずれにしても、まずは借入可能なことが大切ですから、状況が不安な人はお試し診断などを試してみると良いでしょう。

 

担保や保証人が不要のカードローン

一般的には、個人が借金をする場合に不動産などの担保を用意したり、保証人をお願いしたりすることが求められます。しかし、カードローンで借入をする場合、担保不要・保証人不要となっているものもあるため、きちんと確認しておくことが大切です。担保や保証人を用意することができない人は、担保不要・保証人不要のカードローンを選ぶ必要があります。

 

ただし、担保不要・保証人不要のカードローンは、安定した収入のない個人にとっては審査が厳しい場合があるため、必ず借入が認められるとは限りません。カードローンの審査では、収入が十分にあるかどうかがチェックされています。正規雇用であれば問題ないことが多いですが、非正規雇用の場合は、借入が拒否される場合があるのです。

 

消費者金融のカードローンに対して、不安を抱いている人も多いです。しかし、大手の消費者金融で申し込むようにすれば、個人でも強引な対応を受けることはないため、安心して借入をすることができます。

 

アコムやプロミスの即日審査と即日融資

個人がキャッシングを選ぶ際のポイントとしては借入までのスピードなどが大きく重視される点ですが、消費者金融のなかでもアコムやプロミスは最短30分ほどの審査や即日融資が可能ということで口コミでも大きな評価を得ています。

 

アコムに関しては最短30分の審査が可能であり、プロミスでは最短1時間ほどで審査結果が出るという評価がありますが、そこから即日融資をする際にはいくつか気を付ける点があります。

 

まずどちらに関してもインターネット上での契約をした場合には、銀行振込での即日融資を選ぶときは平日14時までに契約を済ませたうえで振込依頼を完了させないとできなくなる点です。しかしアコムやプロミスが独自に提携している銀行口座ならこの限りではないため、事前にホームページ上で調べておくのがいいでしょう。楽天銀行あたりに口座があれば24時間借入可能だったりもしてかなり便利です。

 

またこの振込時間に間に合わない場合でも、インターネット上で契約が完了しているのならば、店舗や無人契約機に行くことによってカードをその場で発行してもらうことができるので、それを当日中に受け取ることによって即日借入が可能になります。

個人借入におすすめのカードローン

個人が借入をするとしたらやはり一番ポピュラーなのがカードローンになります。インターネットから大手の消費者金融や銀行のカードローンに申し込むのが最近では一般的な流れになっています。当サイトに掲載しているカードローンは、原則、全国区になりますからどこからでも今すぐに借入の申込みが可能です。

 

三菱東京UFJ銀行カードローン『バンクイック』

個人の借入先として一番人気があるのは三菱東京UFJ銀行のカードローンです。通称はバンクイックといい、テレビCMや雑誌、電車の広告などでも良く目にすることがありますので知っている方は多いのではないでしょうか?金利、融資限度額、融資スピード、利用するうえでの安心感、どれをとってもトップクラスです。個人が借り入れをするのであれば、まずは一番に検討したい最大手のカードローンです。

 

 

 

みずほ銀行カードローン

みずほ銀行カードローンはネットから24時間申し込むことが出来て、店頭に行く必要も申込み書類を郵送する必要もありません。忙しい個人に便利です。

みずほ銀行に口座が無くてもOKですが、この場合は最短で即日の審査までが可能で、カードは郵送されてきます。みずほ銀行に口座があってキャッシュカードを持っている人は、申込み後に持っているキャッシュカードですぐに利用出来るようになります。
借入可能な金額は、最高で800万円までとなっています(審査によります)。
返済は自動引き落としやATMで任意返済、インターネットバンキングで返済可能です。金利は変動金利なので借りるときに注意が必要ですが、みずほ銀行で住宅ローンを組んでいると、金利の引き下げてくれるサービスがあります。


 

借り入れするなら堅実なところから。

個人であっても、やはり銀行あたりから借り入れしたいところです。消費者金融であれば大手どころから選ぶと基本的な間違いがありません。
銀行の個人向け融資の場合は地銀だと営業エリアによる制限があることがほとんどです。大手銀行やインターネット銀行であれば全国どこからでも申し込めますし、ATM網もコンビニが使えるなど便利です。もっとも、今はインターネットを利用したやりとりが主流になってきていますので近隣に支店があるとかATMがあるとかいったことはさほど考える必要もないといえます。

 

消費者金融の場合は個人向け融資に特化している金融機関ですが、良い印象を持ってない人もいるかと思います。しかし、実際には銀行のカードローンの保証業務や審査業務を大手消費者金融が請け負っているケースもあり、経営も営業も健全になっています。街金と呼ばれるような零細の貸金業者の個人向け融資だと注意も必要ですが、アコム、プロミスといった大手どころであれば信頼度に対する疑問は持たなくても大丈夫です。それどころか、即日融資なども可能にしている側面は無視できない利便性です。

 

 

借りられる金額は審査次第

カードローンを利用する際には、人によって借り入れたい金額が異なります。しかし、個人が無制限に借入が認められることはありません。金融機関によって、限度額上限が定められていることに注意が必要です。限度額上限を超える借入は、原則として認められないのです。そのため、自分が借り入れたい金額を明確に決めた上で、金融機関に確認しなければなりません。

 

また、限度額上限がいくらになるかは審査次第です。ある金融機関では多額の借入が認められても、他の金融機関では認められないということは個人向け融資の世界では多々あります。非正規雇用の仕事をしていて収入が低いという場合でも、審査次第で限度額上限が高くなる可能性もあるため、借入が認められそうな金融機関に申し込んでみることが大切です。

 

しっかりとした対応をするように心がけ、金融機関の信用を得ることができれば、想定していた以上の借入が可能になる場合もあります。最初から諦めるのではなく、審査を受けてみることが望ましいのです。

 

カードローンは原則アルバイトでもOKの借入手段

銀行カードローンというと、正規雇用で働いて安定した収入を得ている人でないと、借入が認められないイメージがあります。しかし、銀行カードローンの中にはアルバイトでも借入可能なものもあるのです。また、消費者金融を利用すれば、アルバイトでも可能になることは多いです。正社員でないからといって、申し込みをする前から諦めてしまう必要はありません。

 

銀行カードローンや消費者金融のキャッシングは、業者ごとに条件が異なっています。そのため、非正規で働いている人は、あらかじめ条件などの確認をすることが大切です。どの業者を利用する場合でも、ある程度の収入を得ていることが前提となるため、アルバイトでも可能とはいっても、収入がない状態では認められないことに注意が必要になります。

 

一般的に、銀行カードローンの方が消費者金融よりも金利などで有利なことが多いです。そのため、銀行カードローンの審査は厳しくなるため、消費者金融を利用する方が借入が認められやすくなります。

 

 

 

フリーターでも借りれる銀行カードローン

 

お金を借りる時どこから借りますか?消費者金融から借りているという人も多いのが現状ですが、銀行のカードローンという選択肢があります。

 

学生やフリーターだから銀行カードローンを組む事は出来ないそう思っている方もいると思います。しかしながら、最近は銀行系のカードローンでも一定の収入があればフリーターや学生などの立場でも借入を行う事が可能なのです。

 

大手地銀などのカードローンでも学生やフリーター可能というところが増えています。
お金を借りるのであれば安心なところで借りたいと誰もが思う事です。
町金などに借入をするよりは大手消費者金融の方が安心だと思うように、銀行カードローンの方が安心して借りる事ができるのです。

 

正社員じゃないから銀行からはお金は借りれないと思って町金などに手を出さずに、まずはカードローンの申し込みをしてみてください。
アルバイトや派遣社員でも一定の収入を安定的に得ている人であれば、ほとんどの人が審査を通るのです。

専業主婦が借入を申し込む際の注意点

銀行や消費者金融でカードローン・キャッシングを申し込む場合には、最初に審査が行われます。審査で重視されているのは、職業や収入といった経済的な部分なので、専業主婦の借入は難しい場合があります。特に、大手の消費者金融は不可となっていることが多いため、専業主婦の借入は注意が必要なのです。一般的に、専業主婦の借入は一部の銀行のみ可能となっています。

 

どの金融機関で借入が認められるのかについて、あらかじめ確認しておくことが大切です。特に、消費者金融は不可ということを知らずにいると、窓口に足を運んだのに却下されるということになってしまいます。消費者金融は、貸金業法の規制に従う必要があるため、手続きが煩雑になる専業主婦の申し込みを好まないことがあるのです。

 

貸金業法の規制を受けない銀行なら可能ということでもなく、一部の銀行のみ可能という点にも注意が必要です。専業主婦の借入に対応しているかを確認した上で、手続きを進めていくことが重要なのです。

 

このページの先頭へ